Tag Archive: 赤帽

赤帽の料金相場を知ってから引越しの見積りを取ろう

赤帽というサービスを知っていますか?

簡単に言えば小さなトラックで荷物を運んでくれるサービスですが、引越し業者に頼むより格安だという理由で、赤帽を利用して引越しをするケースも多いようです。

特に学生や単身者に利用者が多いようですが、基本的には軽トラック1台と作業員兼運転手が1人ですので、ベッドや冷蔵庫など大型の家具家電の運び出しは依頼人自らが手伝って一緒に作業する必要があります。

赤帽のシステムと料金

「乗用車やタクシーでは運べない。けれど大きなトラックを頼むほどでもない。」そんな時に最適なのが赤帽です。

赤帽はフランチャイズシステムで成り立っており、つまりそれぞれが個人事業主ということですので、同じ赤帽でもエリアが近い場合はライバル同士となります。

ですので複数の赤帽に見積りを依頼してみた場合、料金やサービス内容に違いがあってもおかしくはありません。というより、実際かなり料金設定が違うようです。そこをうまく利用して「あちらはもっと安い提示額だった」などと値切ってみるなど、料金交渉の余地がありそうです。

実際、「土日平日でも料金は変わりません!」と言っているところもあれば、土日や3月4月のような繁忙期は少し高くなるというところもあり、様々です。

基本的には赤帽での引越し料金は、「作業時間料金」+「走行距離料金」で決まります。荷物の搬出などにかかる時間に比例して料金があがり、引越す距離が長ければ長いほど料金が増します。タクシーのようなイメージですね。

赤帽で運べる荷物のサイズや重さはどのくらいか?

最大で350kgまで積めるようです。350kgというとかなりの量で、思ったよりも運べるイメージですね。赤帽のHPに具体例が載っています。

大学入学A君の引越荷物の例

エアコン1台
スキー1式
机・いす1式
シングルベッド1台
テレビ1台
パソコン1台
冷蔵庫(小)1個
食器棚1台
ダンボール(中)10個

これだけ積めるなら、単身引越しの場合は問題なく荷物の搬出はできそうです。これ以上の荷物があって積みきれない場合は2台、3台と頼むことも可能ですが、料金があがってしまうので『安く済ませるために赤帽を使う』という意思に反します。

『レンタカーで運ぶには荷物が多すぎるが、引越し業者に依頼するほどでもない』という状況においては選択肢として赤帽はアリだと思います。ただ、引越し大手の各社も単身パックという単身者向けのサービスを用意しており、赤帽に負けない価格やサービスを提供していますので、いくつか見積もりは取ってみるべきですね。

今ではネット上で簡単に見積りが取れますし、見積りだけならタダですのでやらない手はありません。運ぶ荷物の料によっては大手引越しセンターのほうが安くつく場合もありますよ。